停滞期の乗り越え方でダイエットは決まり

 
停滞期とはダイエットにつきもの。停滞期がどのくらい続くのか
は、個人差が大きいところです。あなたがどんなダイエットを
今行っているのかによっても、停滞期の長さが違うでしょう。

一般に言う、食事制限をメインにしたダイエットの場合は、
最初に勢い良く体重が減り、停滞期はその後始まります。

体重が重いと、最初は水分が体から大量に抜けていく
そうです。 脂肪が沢山体についていると、むくみで水分を
体に蓄えこんでしまうのだとか。

水が一気に体から抜け出ていったあとは、水分による体重減は
それほど望めません。これが最初に停滞期を迎える理由の1つ。

この停滞期から後は、脂肪をゆっくりと燃やしていくという
地道な過程を経て体重を減らす時期に移行します。

ゆっくりではあっても、まだまだ痩せる余裕があります。

特に肥満から少し太めと変化した頃には、水分や脂肪が
そぎ落とされ、体が身軽になって体調もよくなり、今度は
そういった意味で痩せやすくなる時期です。

しかし、食事制限だけでさらに体重を落とそうとしても、肥満
していた頃のように、スルスルとは体重が落ちなくなります。

減らせる脂肪が減ってきているからです。

停滞期だから仕方がないということで潔く割り切りましょう。

そして、このあたりで体重を減らすことは少しだけ忘れ、
一度1つのことをためしているといいでしょう。